乳児の健康記事一覧

子供の脳の発達については幼稚園の年少ぐらいで大人の8割以上にも大きくなります。その先は使う程度によって段階的に発達し、言うならばトレーニングで筋肉が強くなっていくかのように、知能に刺激を与えることによって向上していきます。栄養摂取においてはカルシウムやビタミンB1が脳が十分に回転するのに欠かせない栄養です。さらにドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸も脳の神経伝達をスムーズにする作用があるのでし...

子供の発育を支える柱が食物です。食物の栄養に秘められた力は、薬以上の働きをすることがあります。子どもがどんなものを常に食べているかが成長を左右する要因となることがあります。まわりの人々、とりわけ親の場合は、それを頭の置いたうえで子どもを育てなくてはなりません。食べ物が病気知らずの身体づくりにも強い効力を発揮しますし、頭脳明晰な子に育つうえでもカギとなります。最近の子というのは背丈がスーッと高くて手...

成長途上の子にとってはいろんな栄養が全体として満たせる食事を規則正しい時間にちゃんと食べることが必要です。ですが、必要量以上にバク食いすると、根本的にカラダに備わっているべき栄養というものの許容範囲がおかしくなることがあります。これはある幼稚園ですが、子ども自身に食べられそうな程度のご飯をつがせて、自らが食せる量の範囲を認識できるように教えているそうですが、効果的な手段といえそうです。最近の若者は...

血液や体液など人間の体の内部の水分は、必須のものと言うことができます。たったコップの1杯の水でも効果は多く、大腸の動きを刺激し便秘予防に役立ったり、美肌効果があったり、食前に摂取すると食物の消化を促進したり、排尿と発汗の流れをサポートし毒素など不要分の排出につながります。さらに疲労がたまったときやイラついた時にもそうしたものを鎮める働きもするのです。成長途上の子にとってはしっかりと栄養の摂れる食物...

子どもが水分を欲しがるようなときは、ジュースやお茶類ではなく水を与えるほうが勝っています。不必要なものが混入してないので、身体に吸収されやすいのです。中でも朝起きてから1杯程度の水を飲むようにすれば、胃袋を目覚めせることにつながり胃や腸はは盛んに動くようになります。空腹感が強まるとともに、冷えた水のさわやかさによりシャキッと頭も冴えることになります。海藻はまるで野菜のようにビタミン類にミネラルなど...

野菜ジュースでたっぷり摂れるビタミンは、ほかの栄養素が働きやすい環境をつくる、身体の生理作用がスムーズにいくようサポートするなどの役目があります。細胞の一つ一つに活力を与え、病気に負けない抵抗力をつけるため、かなり重要なのです。レタスやトマトなどの野菜とか桃やバナナなどの果物を通して摂取できるビタミンは白血球の作用を向上させる効力のあることが証明されています。人間の脳はたった3歳か4歳ぐらいで成人...

イライラすることが多かったり、些細な事柄でぶちギレする子どもがますます多くなっていると感じています。原因としてストレスや様々な理由があるかと思いますが、いつも食べているもの、特に砂糖の過剰摂取にも結びつきが感じられます。糖分を必要以上に摂ると低血糖症へとつながります。砂糖などは血糖値を急上昇させますが、その抑制をするために血糖値を下げるホルモンであるインスリンがたくさん分泌され低血糖の状態を引き起...

海藻は血液がドロドロになるのを防ぐ不飽和脂肪酸という脂質を含有します。特にDHAの役割は見逃せません。これについては子どもらの頭脳の発育に効果を発揮するとされている栄養です。海藻類が希少な滋養分をもつのは、海の滋養が凝縮されたエキスを蓄積しているためです。たっぷりの海藻料理を日々テーブルに並べて、海洋のエネルギーを体に取り込みましょう。子どもが水分を欲しがるようなときは、清涼飲料水や茶よりも水が一...

食べ物は小児の発育を支えているものです。食物の栄養に秘められた力は、薬以上の働きをすることがあります。子供の日々食べているものこそが成長や発達のカギといえるほど関係します。近くの大人たち、特に両親は、その事の重大さを認識しておかなくてはなりません。食物は病気にならない体をつくるのに大きく役立ちますし、頭脳明晰な子に育つうえでもカギとなります。海藻には野菜に引けを取らないミネラルやビタミンなど健康に...

子どもがのどが渇いたという時には、ジュースやお茶類ではなく水を与えるほうが勝っています。余計な物質が含有されていないので、体内に取り込まれやすいのです。中でも起き掛けの1杯の水は、胃袋を目覚めせることにつながり胃腸は懸命に働き始めます。がぜん食欲がわいてきて、冷水のキュッとした刺激でスキッと眠たさもなくなるでしょう。幼い時期は生活習慣をしっかりさせましょう。床に就くのが夜遅くになれば、朝、布団から...