幼い時期は生活習慣をしっかり

子どもがのどが渇いたという時には、ジュースやお茶類ではなく水を与えるほうが勝っています。

 

 

余計な物質が含有されていないので、体内に取り込まれやすいのです。

 

 

中でも起き掛けの1杯の水は、胃袋を目覚めせることにつながり胃腸は懸命に働き始めます。

 

がぜん食欲がわいてきて、冷水のキュッとした刺激でスキッと眠たさもなくなるでしょう。

 

 

 

幼い時期は生活習慣をしっかりさせましょう。床に就くのが夜遅くになれば、朝、布団から起き上がるのも遅い時間になり、生活時間も段々ズレが生じていきます。それにより、自律神経のバランスも狂って、大きくなるに従って、心と体の不具合が生じることもあります。幼い子の寝る時間として推奨されるのは、夜の8時就寝で朝は6時に起きるという感じの10時間ぐらいの睡眠です。
こんな睡眠習慣が3歳ごろには完成していると素晴らしいです。
水分は血液・体液として人体のにおいて、肝心な働きがあります。

 

水の恩恵を改めて考えると、腸を活発にして便秘を防いだり、潤った肌をつくるのに助けになり、ご飯前に飲むと消化液を出して消化にもプラスだったり、排尿と発汗の流れをサポートし毒素や老廃物の排出に貢献しています。
そして疲れてしまった場合、ナーバスになる時もそれに対する鎮静作用もあります。小児の脳機能は三歳や四歳ぐらいで通常の大人の場合の脳の8割を超すぐらいまで成長します。

 

 

 

それからは訓練によって少しずつ発達し、筋肉を鍛えて強くするのと同じように、知能をよく使い続けることで能力が高まっていきます。栄養の点からはビタミンB1・カルシウムが脳を鍛えていく上での中心となる成分です。さらにドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸も脳の神経伝達をスムーズにする効力があるとされています。海藻はまるで野菜のようにミネラルとかビタミン類などうれしい栄養をたっぷりと有しています。さらに血液中の白血球を強力にし、生活習慣を原因とする諸々の病気を予防する成分を持ち、免疫力を向上させるのにかなりおすすめの食品です。水に溶けやすい食物繊維が海藻にはたくさん含まれます。腸内の乳酸菌などを増殖させて、大腸の運動がスムーズにいくよう助け、ビタミンB群の生合成にもふかく関わってくることなど宝のような存在なのです。
便秘に悩む子供たちがますます増えています。

 

スッキリしていない子どもたちほど、ちょっとしたことで疲れ切ってしまったり、集中力が途切れがちという状況が多くなるようです。スッキリしていないことが発覚したらすぐに対処しましょう。

 

小児タイプの浣腸薬や下剤も存在しますが、それは安易に使うのではなく最後の手段ぐらいにとらえておきましょう。
出来る限り本来の排便力を回復できるよう食物繊維の多い食物や規則正しい生活をバックアップしてやりましょう。

 

 

どんどん成長していく子どもは栄養が偏らないような食事を美味しく食べられることが重要です。

 

ところが、過度に食べ過ぎると、基本的に満たされるべき人体の栄養のシーソーが乱れ兼ねません。

 

一つの幼稚園では自分の分のご飯を自分でよそわせ、自分の食欲と許容量の折り合いについて意識を持つようにさせているそうですが、効果的な手段といえそうです。最近の若者は背がスラッと高くて手と足もかなりロングで、ちょっと前の人より魅力的なスタイルをしています。この原因は糖質をよく食べる和の食事習慣から肉類を中心とした欧米型のメニューに好みが変化してきたことがあります。ところが、糖尿病や高血圧といった以前は日本人に無関係だった病も増加してきています。もっと深刻なのは肥満や生活習慣病の子どもが数が上昇していっている点です。